アンカーニュース

理念について

事業所の会議室に手書きのパネルがあります   {#emotions_dlg.eye}{#emotions_dlg.shine} 

P5210005.JPG

十数年前。入社したばかりの私 {#emotions_dlg.chick}

「うちの会社も、社会も、世界も、ヒトのカラダも、

こんなふうに循環しないといけないんだよ」 

と熱く語る会長がいました。 

それは壮大な夢のような話に思えました。 

”人のからだ”と、”社会”がなんで関係あるんだろう??と不思議でした {#emotions_dlg.wobbly}。 

まだまだ 巷(ちまた)では、産業廃棄物=捨てるもの、という意識のあった時代に

「廃棄物といわずに”原料”と、社内では言おう」と言われました。 

実感しなかったものの、なんだか、大きな話にワクワク{#emotions_dlg.heart01}しました。 

当時、事務をしていた私も、電卓をたたきながら

「そうだ! 私も地球を緑がいっぱいにするために、できることがあるんだ!」と 

{#emotions_dlg.sun}胸を熱くしたものです。 

このパネル、イベント用に作ったものだったかと思います。

手書きで、つっこみどころ満載で、いまどき なさそうなシロモノですが、 

これを見るたび、初心{#emotions_dlg.chick}にかえる自分がいます。

会社を離れても、どこにいても、この”循環の輪”が、いつのまにか私自身の理念になっているなあ、と

しみじみと感じた今日でした。