環境への取り組み

「アミノセルロース」液体発酵・土壌活力剤のご紹介

アミノセルロースの資源循環モデル

私たちアンカーは、未来の「食」と「農」を守り続ける企業でありたいと、10数年の研究を続けて参りました。

そして、鹿児島の代表的な特産品の製造時に発生する、副産物を原料とし、アミノ酸の豊富な土壌活力剤を開発しました。

肥料コストの削減やアミノ酸肥料をお探しの方、土壌病害虫でお悩みの方に是非ご活用頂きたい資材です!


アミノセルロースの製造について

製造工場正面より

アミノ酸製造工場概要

所在地:鹿児島県出水市米ノ津
受入れ槽:60t
発酵槽:50t
培養タンク:20t
製品保管槽:1,500t
年間製品製造能力:18,000t


アミノセルロースの成分表

アミノセルロース
成分 検査結果 単位 備考
窒素 0.29 %  
リン酸 0.068 %  
カリ 0.098 %  
アミノ酸 1580 mg/100g  
乳酸菌 5.5×108 個/g  
酵母 8.4×105 個/g  

(鹿児島県経済農業協同組合連合会、社団法人長崎県食品衛生協会調べ)